カートをみる マイページ お買物ガイド お問い合せ お客様の声 サイトマップ

お香典返しについて

■香典返しについて

葬儀や通夜の際、香典やお供え物をいただいた方にそのお返しとお礼の気持ちを込めて品物とお礼状を送る行為をお香典返しといいます。故人への仏事は滞り無く済んだという報告の意味も兼ねています。

▲香典返しを行う時期

香典返しは、四十九日法要を済ませた後に行われます。四十九日法要が終わると忌明けとなり、故人への仏事はひと通り終了します。亡くなってからの49日間は「忌中・喪中」と呼ばれており、喪に服している期間にあたるため、お礼やお香典返しを行うことはできません。そのため忌明けとなる、四十九日が過ぎた後に、香典返しを行います。

▲香典返しの金額と品物

初めて香典返しを行う方は「何を贈ったらいいのか」「どれくらいの金額で選ぶのか」などわからないことがたくさんあることと思います。ここでは、香典返しの金額や品物に関して詳しくご紹介させていただきます。

・金額と相場

香典返しで品物を贈る場合、頂いた香典の半額〜3分の1が相場となります。香典をいただいた方全員に同じ金額の品物を贈るという方もいますが、金額の違う品物3つほど用意して、いただいた金額に応じたものを贈るという方法が適切です。

・品物

香典返しは不祝儀のお返しであるため、不幸が繰り返されないように、使ったら消えてなくなるものが良いとされています。石鹸やお茶といった日用品や食品が一般的です。石鹸には不幸を洗い流すという意味が、お茶には故人との別れを確かなものにするという意味が込められています。他にも、ハンカチやタオルも向いています。その際には、派手な品ではなく、落ち着いた品を選びましょう。

また、最近では品物ではなく、便利なカタログギフトを贈る方も増えています。カタログギフトであれば、好きな物を選んでいただけるので大変便利です。

・注意点

地域によっては香典返しをしない場所があります。それを知らずに贈ってしまい、相手に不快な思いをさせてしまうことも。実際にそれが原因でトラブルになったケースもあるので、香典返しを行う際には、地域に古くから住んでいる親や親族に相談してみるとよいでしょう。

香典返しの相場は香典の半額というのが基本ですが、あまりに金額が多い場合は、3分の1の金額の品物で構いません。

▲のしについて

香典返しを初めて行う方の中には、のしの書き方がわからないという方もたくさんいらっしゃるでしょう。のしの書き方に不具合があれば、郵送した相手に失礼ですし、不快に感じられる方もいらっしゃいます。間違ったのしを郵送しないように、書き方について詳しくご紹介させていただきます

・水引は「蓮のしもしくは黒白結びきり」を選ぼう

水引とは、のしのついた飾りで、お香典返し用ののしにも必要不可欠なもの。

水引には様々な種類がありますが、香典返しで使われるものは黒白のものが一般的です。しかし西日本の一部では、黒白ではなく黄色と白の水引を用いている地域もあるので、地域の香典返しの贈り方などを確認しておくとよいでしょう。

・水引のデザイン

香典返しで使われる水引の飾りのデザインには、「結びきり」というものが多く使われています。「結びきり」は、結び直すことができないという意味を持っており、不幸が続かないようにという願いを表しています。

結びきり以外にも、「あわじ結び」が用いられることもあります。あわじ結びには、「ほどけそうでほどけない」という意味があり、「あなたとの末永いおつきあい」という意味が込められています。

どちらを使っても問題ありませんが、結びきりを使うことの方が多いため、初めての方には結びきりののしがおすすめです。

・のしの書き方

のしの書き方は仏教式、神式、キリスト式で異なっています。仏教式では、表書きを「満中陰志」や「志」にして家名を書きます。神式では「志」」の部分を「偲び草」として郵送します。キリスト教では、のしの上半分に志の文字を、下半分には家名を記入します。下の名前は不要ですので、ご注意ください。

▲香典返しの注意点

ここまでの説明をしっかりと把握していただけば、相手に失礼のない香典返しが行えます。

しかし、この他にも注意する点があるので、ここでご紹介させていただきます。

・香典返しを辞退されたとき

まれに香典返しを辞退する方がいらっしゃいます。辞退する方の理由としては、「ご遺族に余計な気遣いをさせたくない」「少しの香典しか渡せていないので、品をもらうのは申し訳ない」などが挙げられます。こういった場合は品物を贈らなくても構いませんが、出席していただいた感謝を込めて御礼状だけは郵送しましょう。

▲最後に

香典返しは、葬儀や通夜に参列していただいた方に改めて感謝の気持ちを伝えるために行われます。

通夜や葬儀中は、親しい人を失った悲しみや辛さで気が動転しており、出席者の方に十分な気遣いをするのは難しいものです。だからこそ、通夜や葬儀から四十九日が過ぎたら、落ち着いた気持ちで出席者一人ひとりに感謝の気持ちを伝えましょう。葬儀や通夜に参列していただいた方との付き合いを円滑にするためにも、香典返しはとても重要なのです。

お香典返し|割引き激安




【お香典返し 御法要】

〜まごころ込めてお手伝い〜
突然のことで何かと、とまどわれる事の多い弔辞。
あわただしい中、故人を偲んでくださった方々への、ご返礼品選びにお気遣いのことと存じます。
「香典返し」や「法事の引き出物」  「ありがとう」の気持ちを伝えるものだからこそ、気の利いたものを用意したいですね。
ギフト専門店GIFTMANギフトマンのお香典返しはブランドタオル等の定番商品や人気のカタログギフトを中心に、
ご予算に合わせて様々な商品を多数取り揃え致しました。











仏式では、仏の世界へ白装束で旅立つために、さらしが利用されていました。シーツなどもその名残です。

先様でお好きなものをお選び頂ける為、大変便利です。

不幸を洗い流すという意味を含むことから。最近ではご家庭により洗濯用洗剤等にこだわりがある事からキッチン洗剤が人気。

お茶を飲んで故人を偲ぶ、というところから用いられています。









故人を偲んでくださった方々に、会葬御礼と忌明けの報告を兼ねた「ご挨拶状」を添えて「お香典返し」の品を贈りましょう。
ギフト専門店ギフトマンでは必要に応じてお香典返しの挨拶状を無料でご用意させていただきます。
 ※二つ折り御挨拶状は2万円以上お買上げより
香典返し・法事メッセージカード ON-101 菊きく ギフトマン

香典返し・法事メッセージカード ON-102 ゆり ギフトマン香典返し・法事メッセージカード OM-111 ブルートン ギフトマン
メッセージカード






極上タオル
職人のこだわりプレミアム
カタログギフト
最大半額の人気カタログギフト
フロッシュ
数々の受賞 エコなギフト

今治タオル
高級木箱入り 割引+送料無料
カタログギフト
商品券が選べるカタログギフト
今治謹製
今なら最大38%オフ

















★お届け先をらくらく入力★

下記の画像をクリックしてエクセルで簡単に入力できるエクセルシート【らくらく注文シート】をダウンロードしてください。

1.下記の画像をクリックしてらくらく注文シートをダウンロードして保存する。

2.項目通りに お届け先名、住所、電話番号、商品をご入力下さい。

3.お買い物の要点 お買い物カゴへ入れた後 購入手続きへ進み→お届け先選択を【購入者の住所へ送る】にチェックを入れ次へをクリック!

4.お支払方法を選択後、熨斗(のし)包装紙などの詳細を入力し、備考欄★注意事項★に【配送先は別途】と入力してお買い物を完了。

5.当店自動送信メールをお送りいたしますので、そちらのメールに、届け先を入力したエクセルシート【らくらく注文シート】を添付して返信ください。

●ご注文内容を確認の上、24時間以内(定休日は除く)に本確認のメールを送りますので内容に間違いないかご確認ください











--------------------------テキスト説明項目>--------------------------

香典(こうでん)とは、故人の霊前に供える金品をいいます。
通例、香典は、香典袋に入れて葬儀(通夜あるいは告別式)の際に遺族に対して手渡します。
香典返しはその時のお香典のお礼となります。関西の地方では、「満中陰志」といいます。


一般的には忌明けを迎えたら、日常生活に戻るとされています。
忌明け後、あいさつ状とともに香典返しを贈ります。
忌明けとは、仏式ではふつう四十九日ですが、繰り上げて三十五日とすることもあります。
神式では、五十日祭、あるいは三十日祭を忌明けとします。
キリスト教では、忌明けという観念はありませんが、日本では一か月目の召天祭に埋葬をすませた際、故人を記念する品を贈るケースが多くあります。


香典返しは一般的に、いただいた香典の3分の1〜半額くらいの品を選んでお返しします。
一家の働き手が亡くなった場合は、香典の3分の1程度でよいとされています。一定の品物を一律に返すこともありますし、金額にあまりこだわらなくてもよいでしょう。
一人一人に香典の半額の品を選ぶのは、大変な労力となります。そこでお礼の気持ちということで、いただいた金額に関係なく、何段階かに分けて一律に同じ品を選ぶことが多くなっています。
例えば、5,000円までの香典は2,000円の品を、10,000円までは5,000円というようにおよそ振り分ければよいでしょう。
また地域によっては、半返しが一般的な場合もあります。地域ごとのしきたりについてはシャディにお問い合わせください。


香典返しの品としては日用品が無難とされています。
最近はカタログギフトなどもよく使われます。
会社や、グループなどから香典を頂いた場合は、皆で分けられるようなものを選び、たとえばコーヒーやお茶などにするのもよいでしょう。


表書きは各宗教で異なります。
のしは黒白あるいは黄白の結び切りで、どの宗教にも関わらず使用することができるのは、一般には「志」です。
水引きの下に喪家の姓を書きます。
戒名などをつけるときは、短冊に書いて左肩に貼ります。
仏式では「忌明け」「満中陰志」「粗供養」などとも書き、神式では「今日志」あるいは「偲び草」、キリスト教式では「偲び草」「召天記念」などと記します。


香典返しは、喪主を差出人名にした挨拶状を添えるのが一般的です。
ただし、喪主以外の遺族が本人の関係者にお返しをする場合、ひとこと添え書きをするか、別に礼状を出すようにすると良いでしょう。
差出人名が喪主ですから、誰からかわからないことがあるためです。その場合、伝票の差出人名を遺族の名にしてもよいでしょう。


法事(法要)とは、故人の冥福を祈る行事です。
もともとは仏教行事一般のことを意味しました。宗教によって、それぞれ異なります。


【仏教】
一般的には7日ごとに読経してもらい、四十九日に忌明けの法事(法要)を行います。
その後、亡くなった年を1年とし、三と、七の年に、年忌法要として、行います。(三回忌、七回忌など)。

【神式】
神式では、仏式の法要に当たるものを「霊祭」といいます。故人の死亡した日からかぞえて10日ごとに「十日祭」を行います。
死亡後50日目で忌明けとなり、「五十日祭」を行います。

【キリスト教】
一周年目に盛大なミサを行い、区切りの良い年に召天記年ミサを行います。
プロテスタントは亡くなってから1ヶ月後を召天記念日として記念式を行い、数年間は1年ごとの命日に 記念式を行います。

法事の引き出物は、出席していただいた方全員に、感謝の気持ちをこめて配る品物です。
会場で手渡しします。
また、出席をすることができなかった方でも、個人を偲んでくださった方々へは、お礼としての品物を贈ります。
地方のしきたりなども踏まえて、心ある贈り物を贈りましょう。


金額は、2,000円〜5,000円程度が一般的です。
品物は、いくらあっても困らない実用品が好評です。
会場から持参して持って帰るケースが多いので、かさばったり、重かったりするようなものは避けるようにします。カタログギフトなどのコンパクトなものが喜ばれます。


【タオル】
仏式では、仏の世界へ白装束で旅立つために、さらしが利用されていました。シーツなどもその名残です。

【お茶】
お茶を飲んで故人を偲ぶ、というところから用いられています。

【カタログギフト】
かさばらず、色々な品が選べるカタログギフトが人気です。

【キッチン洗剤】
定番として、粉洗剤、液体洗剤等の衣類用洗濯洗剤ギフトが主流でしたが、 最近では洗濯機の種類や洗剤の種類の多様化(粉、液体、ジェル、ジェルボールなど)や、 また、各ご家庭で洗濯洗剤(香りなど)にこだわりのある場合があることから、キッチン用洗剤が人気。

---------------------------

■香典返しについて

葬儀や通夜の際、香典やお供え物をいただいた方にそのお返しとお礼の気持ちを込めて品物とお礼状を送る行為をお香典返しといいます。故人への仏事は滞り無く済んだという報告の意味も兼ねています。

▲香典返しを行う時期

香典返しは、四十九日法要を済ませた後に行われます。四十九日法要が終わると忌明けとなり、故人への仏事はひと通り終了します。亡くなってからの49日間は「忌中・喪中」と呼ばれており、喪に服している期間にあたるため、お礼やお香典返しを行うことはできません。そのため忌明けとなる、四十九日が過ぎた後に、香典返しを行います。

▲香典返しの金額と品物

初めて香典返しを行う方は「何を贈ったらいいのか」「どれくらいの金額で選ぶのか」などわからないことがたくさんあることと思います。ここでは、香典返しの金額や品物に関して詳しくご紹介させていただきます。

・金額と相場

香典返しで品物を贈る場合、頂いた香典の半額〜3分の1が相場となります。香典をいただいた方全員に同じ金額の品物を贈るという方もいますが、金額の違う品物3つほど用意して、いただいた金額に応じたものを贈るという方法が適切です。

・品物

香典返しは不 祝儀のお返しであるため、不幸が繰り返されないように、使ったら消えてなくなるものが良いとされています。石鹸やお茶といった日用品や食品が一般的です。 石鹸には不幸を洗い流すという意味が、お茶には故人との別れを確かなものにするという意味が込められています。他にも、ハンカチやタオルも向いています。 その際には、派手な品ではなく、落ち着いた品を選びましょう。

また、最近では品物ではなく、便利なカタログギフトを贈る方も増えています。カタログギフトであれば、好きな物を選んでいただけるので大変便利です。

・注意点

地域によっては香典返しをしない場所があります。それを知らずに贈ってしまい、相手に不快な思いをさせてしまうことも。実際にそれが原因でトラブルになったケースもあるので、香典返しを行う際には、地域に古くから住んでいる親や親族に相談してみるとよいでしょう。

香典返しの相場は香典の半額というのが基本ですが、あまりに金額が多い場合は、3分の1の金額の品物で構いません。

▲のしについて

香典返しを初 めて行う方の中には、のしの書き方がわからないという方もたくさんいらっしゃるでしょう。のしの書き方に不具合があれば、郵送した相手に失礼ですし、不快 に感じられる方もいらっしゃいます。間違ったのしを郵送しないように、書き方について詳しくご紹介させていただきます

・水引は「蓮のしもしくは黒白結びきり」を選ぼう

水引とは、のしのついた飾りで、お香典返し用ののしにも必要不可欠なもの。

水引には様々な種類がありますが、香典返しで使われるものは黒白のものが一般的です。しかし西日本の一部では、黒白ではなく黄色と白の水引を用いている地域もあるので、地域の香典返しの贈り方などを確認しておくとよいでしょう。

・水引のデザイン

香典返しで使われる水引の飾りのデザインには、「結びきり」というものが多く使われています。「結びきり」は、結び直すことができないという意味を持っており、不幸が続かないようにという願いを表しています。

結びきり以外にも、「あわじ結び」が用いられることもあります。あわじ結びには、「ほどけそうでほどけない」という意味があり、「あなたとの末永いおつきあい」という意味が込められています。

どちらを使っても問題ありませんが、結びきりを使うことの方が多いため、初めての方には結びきりののしがおすすめです。

・のしの書き方

のしの書き方 は仏教式、神式、キリスト式で異なっています。仏教式では、表書きを「満中陰志」や「志」にして家名を書きます。神式では「志」」の部分を「偲び草」とし て郵送します。キリスト教では、のしの上半分に志の文字を、下半分には家名を記入します。下の名前は不要ですので、ご注意ください。

▲香典返しの注意点

ここまでの説明をしっかりと把握していただけば、相手に失礼のない香典返しが行えます。

しかし、この他にも注意する点があるので、ここでご紹介させていただきます。

・香典返しを辞退されたとき

まれに香典返 しを辞退する方がいらっしゃいます。辞退する方の理由としては、「ご遺族に余計な気遣いをさせたくない」「少しの香典しか渡せていないので、品をもらうの は申し訳ない」などが挙げられます。こういった場合は品物を贈らなくても構いませんが、出席していただいた感謝を込めて御礼状だけは郵送しましょう。

▲最後に

香典返しは、葬儀や通夜に参列していただいた方に改めて感謝の気持ちを伝えるために行われます。

通夜や葬儀中 は、親しい人を失った悲しみや辛さで気が動転しており、出席者の方に十分な気遣いをするのは難しいものです。だからこそ、通夜や葬儀から四十九日が過ぎた ら、落ち着いた気持ちで出席者一人ひとりに感謝の気持ちを伝えましょう。葬儀や通夜に参列していただいた方との付き合いを円滑にするためにも、香典返しは とても重要なのです。

ページトップへ